ハンドマッサージのすすめ

お気に入りのハンドクリームやハンドソープを見つけたら、たまに時間を見つけてハンドマッサージをしてみましょう!
ただ単にハンドクリームをつけるよりも、マッサージをすることで血行がよくなりハンドクリームの浸透力もグッとアップしますよ。
ここでは、効果的なハンドマッサージの方法を紹介するので、これを最初から最後まで全て出来なくてもいいので、自分が出来る範囲で取り入れてもらえたらと思います。

 

                         

 

化粧水で保水

ハンドクリームをつける前に、まずは化粧水で保水するとさらに効果的です。
私自身はいつも顔を化粧水でパッティングした後の延長で、コットンに残った化粧水を手にもつけていますよ(笑)
化粧品を購入するときにお世話になっている美容部員さんに教えてもらってから、すごいせこいようですがとってもいい方法だと思って教えに従っています。
普通の人は、顔に使う良い化粧水をハンド用に購入できないから良いアイデアですよね。
でも、手にももっとしっかりと保水したい人や、マッサージの前くらいはしっかり保水したいと言う人には価格が安めの高保湿の化粧水をハンド用に購入するといいと思います。
安くても美容成分がたくさん入ったいい商品はいろいろありますよ。
たまのマッサージですしね、安ければ量もケチらずたっぷり使えます。

 

ハンドクリームを温める

次にハンドクリームを手にとって手のひらで温めてからマッサージにはいります。
温めてからマッサージをすると浸透力もアップしますしハンドクリームののびも良くなります。
マッサージをする際はハンドクリームの肌への浸透力が高いのでいつもより多めに手に取るようにしましょう。

 

マッサージ

いよいよマッサージです。
多めにとったハンドクリームで乾燥しやすい指先から順にマッサージしていきましょう。
指を一本ずつ手に取り、爪の回りをハンドクリームを浸透させるように優しくほぐし、指先から指の付け根に向かってマッサージします。
次に手の甲をくるくる回しながらほぐしてハンドクリームを浸透させます。
手のひらはツボもたくさんあるので、ツボを意識しながらマッサージするとさらに効果的です。
最後に手全体をストレッチしながらハンドクリームがなくなるまでマッサージして終わりです。